アジア人と欧米人の見た目に対する考え方の違い

アジア人と欧米人の見た目?ファッション?に対する考え方の違いを感じた。気がする

留学中にすごい感じたのが、アジア人は服や髪型が派手というか凝ってること。

日本人も韓国人も中国人もそうだった。

対して欧米の人は服装はどちらかといえばシンプルだし、髪も大体みんな短くて顔の全貌がちゃんと見える。

その代わりに身体自体に対する意識は欧米人のほうがはるかに高い。

学生はかなりの割合でジムに通っているし、人種的な体格の違いはあるにせよ男はみんな筋肉がすごい。女性は女性でシェイプが良い。

恐らく、アジア人が身体の上にある服、化粧、髪など重視しているのに対して、欧米人は身体自体の綺麗さを重視してる。

筋肉は最高のファッションとかいうけど、欧米人はほんとにそんなふうに思ってると思う。

この前ある面白いビデオをYouTubeで見た。

"Never skip leg day"という有名な格言?があって、文字通り筋トレの時に上半身ばっか鍛えて足を鍛えないのはダメだ!という意味。

その動画ではどっかのビーチに行って、金髪美女たちに上半身だけ鍛えてる男についてどう思うかを聞いて回ってた。

金髪美女たちはみんな、「彼氏だったら恥ずかしい」とか「恰好悪い」みたいな酷評ばっかだった。

この動画は「身体重視」の考え方をすごくよく表してると思う。

アジア人の表面重視、欧米人の身体重視、どっちが良い悪いとかはないけど、一年近く筋肉社会ですごしたことでアジア人の「なよい身体で表面だけを飾る」みたいなスタイルはなんか格好悪く思うようになった。

だからぼくは筋トレつづける!!

そして今までファッションとかあまり考えたことなかったけど、ファッションとかも気をつけようと思う!!

そして男を上げる!!